当院では眼が痒い、充血する、眼脂が多い、コロコロする、眩しい等々結膜や角膜など眼の表面の疾患は勿論、視力に重大な影響を及ぼす可能性のある白内障、緑内障 眼底の疾患まで眼に関するトラブルに広く対応しています。

昨今話題になっているドライアイには通常の点眼のみならず涙点プラグの挿入を扱っています。

現代病と言われる高血圧、糖尿病などは自覚症状の出ないうちに眼底の変化が進行してしまっていることもあります。
また、緑内障も、はじめのうちは自覚症状がない事が多く、気がつかないうちに視野障害が進行していきます。

更に、日本でも加齢性黄斑変性症による視力障害も多くなっています。
いずれの病気も早期発見、適切な治療が大切です。
当院は定期的な眼底検査、視野検査などは常時行っています。
必要に応じてレーザーを用いた治療も可能です。

当院では、近赤外線照射療法も行っています。
三叉神経痛(眼の周りの鋭い痛みなど)の緩和に有効な事が多く、また、眼精疲労の緩和や、眼の血のめぐりを良くする目的に行います。

高度な検査や手術を必要とする重症疾患に関しては、周辺の病院へ紹介などの連携を密に取らせて頂いています。

最近では、セカンドオピニオン目的の受診も増えてきています。 いつでも、ご相談ください。


近視・乱視・遠視などで視力が悪い方にとって、眼鏡やコンタクトレンズは日常手放せない必需品となっていることと思います。

しかしながら、それらがご自分の眼に合っていないために、眼精疲労やひどい頭痛・肩こりなどの症状を引き起こされている方も少なくないようです。

特にお子様の場合、視力検査、メガネ処方、装用指導など正しく行われないため正常な視力の発達が妨げられることがあります。

また、最近では、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、間違った使い方による眼のトラブルが増加しています。
角膜の障害がひどくなると、視力低下をおこし、場合によっては回復しない事もあります。正しい使い方と共に定期検診が重要です。

当院では、眼鏡・コンタクトに関して専門知識を持った眼科専門医が眼の検査から処方・定期検査まで責任を持って行いますのでご安心ください。

フォントを大きくする フォントを小さくする